人の睡眠中は・・・

人の睡眠中はレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しているそうですね。
ノンレム睡眠でも特に深いといわれている第4段階で、
この第4段階になるのは睡眠に入ってから3時間後であるといわれています。
第4段階にはいった後はノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返しながら朝を迎えます。

ある説によると、ショートスリーパーの方でもロングスリーパーの方でも眠り始めてから3時間はあまり違いはないんだそうです。

また、ノンレム睡眠になったあとに、レム睡眠の時間が長いのがロングスリーパーだともいわれています。

そうなると、ロングスリーパーの方であっても、
ショートスリーパーの方であっても、重要となってくるのが最初の3時間ということが言えそうです。
この最初の3時間の間で眠りが浅いと身体は休んでいても頭は休めることができないかもしれません。

そのほかにも重要なことに、ノンレム睡眠の第4段階の眠りに成長ホルモンが分泌されるということです。
成長ホルモンと聞くと子どもの成長のためののホルモンといった認識が一般的ですが、
大人であってもアンチエイジングに効果があったり、代謝がよくなったりするんです。
女性の方であれば、アンチエイジングは魅力的ですし、
代謝がよくなることでダイエットにもつながるでしょう。
成長ホルモンは残念なことですが、大人になると徐々に分泌が減っていくといわれています。

ですから、夜しっかり睡眠をとる必要があります。