よく睡眠をとっても

よく睡眠をとっても、寝た感じがしないといったことや、
それとは逆に1時間ほどしか眠っていなくても、6時間以上寝たのと同じくらいだったりする経験をした方も多いと思います。

人によって睡眠時間は異なるというのが一般的です。

例えばショートスリーパーの方ですと6時間でも普段の生活に支障がなかったり、
逆にロングスリーパーの方は10時間以上寝ないとだめだという方もいます。

ただ、いずれの場合でも、睡眠中の環境を整えることで、
より深い睡眠が実現でき、普段の睡眠時間より少なくてもよくなります。

そのためには、マットレスや枕などの寝具を自分に合ったものにするというのがよいでしょう。

あと、腰という文字をよく見てみると、『要』という文字が使われていることに気がつくと思います。
要といえば、重要なこと意味するのですが、そのとおりであり、
腰は身体の中でも特に重要な意味を持っています。

腰は身体の上半身と下半身をささえる役割がありますし、
日常生活でも特に負担がかかりやすいという特徴があります。

ただ、体のほかの部位に比べるとあまり腰に気を使っている人は多くはないようにも思います。
一度腰に問題が生じると、改善するのにも時間がかかるので普段の生活の中であまり腰に負担がかからない生活を心がけるようにしましょう。